【インターネット情報サービス】




? 【事例1】アダルトサイトのワンクリック請求  
 住宅リフォーム業者が何度も訪問して来て、工事を勧める。断っているが、しつこい。断るよい方法はないか。
                                    (40歳代 女性)

Answer
 訪問販売では断った相手への再勧誘は法律で禁止されています。「今後の勧誘はお断りします」ときっぱりと断ったうえで、それでも勧誘された場合、禁止行為だと申し出るよう助言しました。



? 【事例1】アダルトサイトのワンクリック請求  
 父が屋根の無料点検に来た業者と修理の契約をした。屋根の写真を見せられ、「劣化しているので修理が必要。今日中に契約すれば、240万円のところ40万円値引きする」と言われ契約したが、高額であるし業者の信用性もわからないので解約したい。
                                   (契約者 60歳代 男性)

Answer
 訪問販売の場合、契約書面を受け取った日を含めて8日以内であればクーリング・オフ(無条件解約)ができるので、クーリング・オフを書面で業者あてに通知するよう助言しました。また、無料で点検すると言って訪問し、不安をあおって勧誘する点検商法について情報提供し、十分注意するよう伝えました。




 アドバイス  



 訪問販売では、契約の意思がないことを申し出た消費者に対し、継続して勧誘したり、日を改めて再勧誘することは法律で禁止されています。長時間の勧誘など、迷惑を覚えるような勧誘も禁止されています。断ってもしつこい業者には、禁止行為であると言いましょう。


 また、無料だと言って屋根や床下、排水管、浄水器などの点検に訪問し、不具合があると不安をあおって修理や工事、また新しい別の商品を勧められることがあります。また、キャンペーン中であると契約を急がせるケースもあります。
すぐに判断をせず、周りの人に相談するなどして慎重に契約しましょう。また不要ならば、きっぱりと断りましょう。


 訪問販売の場合、契約を結んだ後でも、
契約書面を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフが出来ます。




                                                     
                                                     兵庫県マスコットはばタン



<戻る>